喫煙は失明につながる可能性があり、検眼士に警告する


喫煙は失明につながる可能性があり、検眼士に警告する

新しいスタブイットアウトキャンペーンに関連して、AOPは、たばこからの発がん物質(化学物質)が既存の目の状態を悪化させ、新しい状態を引き起こす可能性があることを知っている5人に1人しかいないという調査結果を発表しました。対照的に、調査に回答した2,000人の成人のうち、76%が喫煙とがんの関連性を知っていました。

調査対象の検眼医の96%は、喫煙の結果であると信じる眼病の患者を毎月診察すると言います。国家統計局の年間統計によると、英国には740万人の喫煙者がいます。彼らの半数以上(61%)が、辞めたいと表明しています。

喫煙者は、加齢に伴う黄斑変性、中心視力だけでなく周辺視力にも影響を与える状態に苦しむ可能性が3倍高くなります。そして、喫煙者は、眼への血液供給が遮断される視神経障害によって引き起こされる失明を16倍発症する可能性が高くなります。

糖尿病患者にとって、喫煙は網膜の血管を損傷することにより、状態によって引き起こされる視力の問題を悪化させる可能性があります。喫煙もインスリン抵抗性の危険因子の1つであり、しばしば2型糖尿病を引き起こします。

AOPは、喫煙習慣を再考するよう一般市民に促しており、やめるのに遅すぎることは決してないことを強調しています。

検眼医とAOPの臨床および規制の責任者であるヘンリーレオナルドは、専門家と定期的に眼科検診を行うことで問題を特定でき、後年問題になる前に初期症状を管理するよう助言できると述べました。

「もちろん、喫煙をやめる多くの健康上の理由がありますが、これらの追加のリスクを強調することで、最後の小さなプッシュをやめることを検討している多くの喫煙者に役立つことを願っています。喫煙者であるかどうかにかかわらず、定期的に検眼医を訪問することが重要です完全な目の健康チェック-あらゆる状態を早期に特定して治療できます。」

この記事は医療専門家による査読は受けていませんが、事実を確認されており、患者の厳しい編集ガイドラインの対象となっています。ご質問やご質問がある場合は、以下の連絡先リンクを使用してチームにメッセージを送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です