入院患者の5人に1人がアルコールに問題がある


入院患者の5人に1人がアルコールに問題がある

キングスカレッジロンドンの嗜癖研究協会(SSA)は、病院のベッドに入院した患者の5人に1人がアルコールを有害な方法で使用していることを発見しました。一方、10分の1は物質に完全に依存しています。

SSAのレビューでは、160万人の入院患者のデータから引き出された124件の以前の研究の結果を収集しました。患者は、全国の一般病棟、集中治療室、A&E科、または精神保健入院病棟を含む幅広い部門から来ました。

アルコールはA&E入場の最大の原因であり、NHSの年間費用は最大35億ポンドです。長期的な不安、統合失調症、うつ病の患者にとって、依存症と依存症は非常に大きな要因であるため、メンタルヘルス入院患者の信頼では問題がより一般的であると思われます。

このレビューの共著者であるエマート・ロバーツ博士は、蓄積された証拠は逸話とはほど遠いものであり、医師はこれが入院患者の絶え間ない問​​題であることを認識していると述べた。 「特に英国の専門コミュニティのアルコールサービスの数が減少している状況で、この広範な問題に対処するために、入院患者専用のアルコールケアチームが必要です。」

アルコールチェンジUKのCEOリチャードパイパー博士は次のように述べています。治療されない問題や病院に何度も何度も戻ることに苦しむ人々。」

現在、英国では消費者の暴飲を抑止するために最低アルコール価格の引き上げに伴う大きな変化が起こっています。

この研究はアディクションに掲載されました。

この記事は医療専門家による査読は受けていませんが、事実を確認されており、患者の厳しい編集ガイドラインの対象となっています。ご質問やご質問がある場合は、以下の連絡先リンクを使用してチームにメッセージを送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です