10人に1人が臨死体験に遭遇しました


10人に1人が臨死体験に遭遇しました

デンマーク、ドイツ、ノルウェーの研究者は、35か国で1,000人を超える人々の10%が「超自然的な」症状や臨死体験(NDE)を経験したことを発見しました。

NDEを経験した人々のこれらの症状には、天使の歌う幻覚、「魂が吸い出される」こと、そして目の前で人生がフラッシュするのを見ることが含まれます。

これらの症状は人の人生におけるトラウマ的な出来事の結果である可能性が最も高いと考えられていましたが、研究では、NDEは死にかけている人と比較して、死の差し迫った危険にさらされていない人でも同じくらい一般的であることが示されました生死の状況を通して。

73%は、この体験が不快であると報告しました。ただし、Greysonの臨死体験尺度と呼ばれる詳細なアンケートに基づいて、「真の」NDEの基準を満たした106人のうち、53%が快適であると答え、わずか14%が実際に不快であると答えました。

経験は参加者によって大きく異なりました。ある女性は、NDEで出産したとき、「死んで天国に行った」と感じたと言いました。

別の参加者は、8歳のときにdrれそうになったにも関わらずポジティブな体験をすることになりました。「私は完全な平和を感じました。20年経った今でも、自分の気持ちを覚えています。

以前の研究に基づいて、研究者はNDEとREM睡眠覚醒との間のリンクを発見しました。 REM(急速な眼球運動)は、鮮やかな夢を引き起こす睡眠サイクルの段階であり、脳は誰かが起きているときと同じくらい活発です。 REMが覚醒状態になると、睡眠麻痺が発生するだけでなく、聴覚や視覚の幻覚も起こります。

主な研究者であるコペンハーゲン大学の神経コンサルタントであるダニエル・コンジエラ博士は、次のように述べています。覚醒状態への侵入は、臨死体験の理解を深めるかもしれません。」

この研究は、欧州神経学会(EAN)会議で発表されました。

この記事は医療専門家による査読は受けていませんが、事実を確認されており、患者の厳しい編集ガイドラインの対象となっています。ご質問やご質問がある場合は、以下の連絡先リンクを使用してチームにメッセージを送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です